薬剤師の求人・転職比較ランキングサイト「薬剤師求人Wiki」

ranking

薬剤師になるには? 仕事内容や最新の国家試験合格率を解説

医療の仕事の中でも高い人気を誇る「薬剤師」。医療を取り巻く環境が多様化する中で、薬剤師への期待もますます高まっている。

元エージェントのチェックポイント

将来、「医療」に関する仕事に就きたいと考えている人は少なくないだろう。 医療に関することを学べる学部や学科、研究室などを紹介。

薬剤師の仕事とは

薬剤師は人々の病気やケガを治すために、薬局や病院、診療所で薬を調剤し、管理や販売に当たる。調剤とは医師の処方せんに基づいて薬を調合し、患者に手渡すことである。医師の処方せんを病院外の薬局で薬剤師が調剤する医薬分業体制が進んでおり、医師と薬剤師がそれぞれ薬剤を確認することによって、医療ミスを防ぐしくみだ。

また、薬剤師は、どの薬をどのタイミングで飲めばいいかなどの服薬指導も行う。正しく、安全に薬を使ってもらうために、医療と患者をつなぐ役割を果たしていると言えよう。

高まるニーズ

最近では、病院で働く臨床薬剤師が注目されている。これは、調剤や分析・研究をするだけではなく、ほかの医療スタッフとともに入院患者の元へ行き、服薬指導などを行う薬剤師のことだ。注射液、点滴の輸液から内服薬までさまざまな薬を管理し、一人ひとりに合わせたものを用意するのが臨床薬剤師の仕事である。

近年、医師、看護師、管理栄養士などとチームを組み、チーム医療を行う病院が増えている。チーム医療では、より高度な知識が必要とされる。一歩進んだ治療活動を担っていると言えるだろう。 また、高齢化に伴って、在宅医療に対応できる薬剤師のニーズも高まっている。医師や訪問看護師、施設スタッフやケアマネジャーらと連携し、患者の自宅や各種高齢者施設を訪問して薬を渡し、薬剤管理や服薬相談などに応じることが求められる。

医療分野で薬剤師は必要不可欠な役割を担っているため調剤薬局や病院では今後も安定したニーズがあると見られている。それにともない、薬剤師を養成する大学が急速に増え、資格取得者も増加傾向にある。そのため、薬剤師間の競争は厳しくなっていく見込みだ。しかし、最近は製薬会社や化粧品会社で製造・販売工程の管理者やMR(医薬情報担当者)として薬剤師が求められる傾向もあり、専門家としての期待は高いと言える。

薬剤師になるには

薬剤師になるには、国家資格の取得が必須である。薬剤師国家試験の受験資格を得るには、大学の薬学部か薬科大学に設置されている6年制の薬剤師養成課程を卒業する必要がある。

大学では物理、化学、生物から医療における倫理まで、調剤薬局や病院での実習などを交えながら学び、薬学に関する幅広い知識や技術を身に付ける。 2017年2月に行われた薬剤師国家試験では、受験者数13,243名のうち9,479名が合格。合格率は71.58%だった。

詳しくはこちら 出典:高校生新聞

薬剤師転職求人サイトに登録する前に知っておきたいこと まとめ